読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機雷がなんだ! 全速前進!

SEというかプログラマというか、日々のエンジニア生活の中で体験したことなどを中心に書きためていくことにする。

[2014/2/13(木)-14(金)]Developers Summit 2014 へ行ってきました

翔泳社さんが主催している開発者のためのITカンファレンスDevelopers Summit 2014、通称デブサミ2014へ初参加してきました。昨年は、知人に誘われつつも、仕事の都合で参加できなかったので、ついにリベンジ出来ました。2日間に渡ってスピーカーの方々の熱い話が聞けて非常に良い刺激になりました。特に2日目は記録的な大雪にも関わらず、ものともせず参加する熱いデベロッパー魂の猛者が大勢いることに驚愕しました。大雪にも関わらずデブサミ会場は熱かった。さすがデベロッパーサミット!!!

 

全体のまとめについてはサイト「デブサミ2014、講演関連資料まとめ:CodeZine」さんがまとめてくれていますので、今回自分が参加したセッションについてメモがてら簡単な記録を残しておこうと思います。

 

【1日目】2/13(木)

セッション資料関連レポート
【13-A-1】クラウドがもたらした多様な破壊と創造(新野淳一/玉川憲/佐俣奈緒子/仲暁子/長谷川秀樹/三村真宗/吉田浩一郎/大石良 Togetterなかやまろぐ
【13-A-L】ビジネスアプリケーションとつながる「Heroku1」のご紹介(相澤歩〔Heroku〕) Togetterなかやまろぐ
【13-E-3】クラウド時代の環境構築・デプロイ自動化戦略(吉羽龍太郎〔アマゾン データ サービス ジャパン〕) Togetter
【13-C-4】iOSにAndroid、百花繚乱モバイル開発環境を比較する(細川淳〔シリアルゲームズ〕(エンバカデロ)) Togetter
【13-D-5】[U30]フロントエンド開発者になるための切掛と行動/酒巻瑞穂ソフトウェア開発を勉強し始めて3年間でやったこと~After~/きょん(酒巻瑞穂〔エス・エー・エス〕/きょん〔オンザロード〕) Togetter
【13-E-7】Yet Another Your Story(Enterprise TED 3)(司会:高柳謙、川添真智子/小川充/たかのあきこ/中野雅之/梅澤雄一郎/平栗遵宜) Togetter、登壇者の事後談(小川充/たかのあきこ/梅澤雄一郎/平栗遵宜

 

【2日目】2/14(金)

セッション資料関連レポート
【14-B-3】モバイル版グーグルマップのUXはいかにして作られたのか?(石塚尚之〔グーグル〕) Togetter@yukio_andoh
【14-D-4】デベロッパー戦国時代!ストーリーをつなぐ開発環境と3つの秘訣長沢智治〔アトラシアン〕) Togetter講演者の事前告知講演録画など@tchikuba@akiko_pusu
【14-B-5】ピンポンゲームでスクラム体験ワークショップ(川口恭伸〔楽天〕) Togetter講演者の事後談
【14-A-6】Play2/Scalaでドメイン駆動設計を利用した大規模Webアプリケーションのスクラム開発の勘所(吉村総一郎〔ドワンゴ〕) Togetter登壇者の事後談
【14-E-7】デブサミ2014版プロレス as a Service ~ PaaS(【レフリー&司会】川田大輔) Togetter締切直前企画

 

 いろいろとセッショントークや、ワークショップに参加してみましたが、デブサミの2日間を通して一番印象に残ったのは、ショートストーリーだったにも関わらず Yet Another Your Story(Enterprise TED 3)の平栗さんの話「31歳無職、ベンチャーへ行く」かなぁ。出で立ちもインパクトありましたし、とにかくストーリーが面白くて印象に残りました。技術云々とかではなく、不思議な魅力とパワーのある方でした。まさに異端児という感じがして。機会があれば、是非またお話をきいてみたいと思います。後日、この記事「東大法学部卒(31歳・無職)が半年でプログラマーになれたのは生存本能のおかげ~『freee』開発者・平栗遵宜さん - エンジニアtype」を見て知ったのですが、東大卒なのですね。頭がキレるはずですw

 

体験したワークショップ(ピンポンゲームとかTOCfE)は、是非自社内の勉強会でも試してみたいと思います。

 

アルバムコメント
f:id:orinbou:20140213095958j:plain 雅叙園デブサミ会場へと続く通路。和の雰囲気たっぷりで、かなりオサレです。
f:id:orinbou:20140213163846j:plain ひな祭りが近いこともあってか、つるし雛が綺麗に飾られていました。
f:id:orinbou:20140213163851j:plain そして、水面には五人(もっと大勢??)ばやし達が賑やかに「お・も・て・な・し」してくれます。
f:id:orinbou:20140213163915j:plain

さらには、鮮やかな桜色の着物まで展示してありました。

場馴れしない自分としては、オサレ過ぎて倒れそうでしたw

 f:id:orinbou:20140214134937j:plain デベロッパー憧れの登壇台…
 f:id:orinbou:20140225023959j:plain 高視野角HMDOculus Rift」を体験してみました。視覚情報だけなのですが、ジェットコースター搭乗映像を流してもらうと、体が倒れそうになったり、現実に近い高所を感じたりしました。そして変な汗もかきました…^^;いかに視覚からの情報の影響が大きいかということを思い知らされました。こういう風に体験できるブースがあるのも、デブサミならではですね。これは楽しい♪ 
f:id:orinbou:20140213182920j:plain こちらは、【13-E-7】Yet Another Your Story(Enterprise TED 3)の一コマ。たかのあきこ氏による「奥様デブサミに立つ」による、ちょっといい話です。
f:id:orinbou:20140213175256j:plain こちらは、【13-E-7】Yet Another Your Story(Enterprise TED 3)の一コマ。梅澤雄一郎氏による「脱Struts脳のススメ」によるJavaでモテる方法について暑く語っている様子w 
f:id:orinbou:20140213181804j:plain こちらは、【13-E-7】Yet Another Your Story(Enterprise TED 3)の一コマ。平栗遵宜氏の話「31歳無職、ベンチャーへ行く」の図。出で立ちだけで既に面白いw
 f:id:orinbou:20140214135829j:plain 2日目は大雪のため、午後のスケジュールが5分ずつ早まりました。
 f:id:orinbou:20140214140204j:plain 【14-D-4】デベロッパー戦国時代!ストーリーをつなぐ開発環境と3つの秘訣長沢智治〔アトラシアン〕)の勇姿!!!これからのソフトウェア開発のあるべき姿を熱弁。
 f:id:orinbou:20140214151913j:plain 【14-B-5】ピンポンゲームでスクラム体験ワークショップ(川口恭伸〔楽天〕)の図。
 f:id:orinbou:20140214152023j:plain

ちなみに、ルールとしてピンポン球を空中に浮かせないとイケないとのご指摘により、床に並べるこのアイデアは、あえなく不発となりました…^^;

でも、この後に、もっと良いカイゼンのアイデアが出て、130個くらいの記録を出せました。

f:id:orinbou:20140225020118j:plain セッションの合間にTOCfEのオープンジャム「変えたい、変えて行きたいをかたちにする(木村卓央氏、中大和氏)」にも参加してみました。
 f:id:orinbou:20140214170200j:plain アンビシャスターゲットツリーのワークショップを体験しましたが、駆け足なので時間が足りなかった。別の機会にもう少しじっくり学びたい。機会を作らねば。
f:id:orinbou:20140214171714j:plain こちらは、【14-E-7】デブサミ2014版プロレス as a Service ~ PaaS でレフリー兼司会の川田氏が暑く語るの図。ミスターXが怪しすぎますw
f:id:orinbou:20140214170238j:plain こちらは、【14-E-7】デブサミ2014版プロレス as a Service ~ PaaS は綺麗なラウンドガールのお姉さんがタイムボックスを知らせてくれます。
f:id:orinbou:20140214181034j:plain 【14-E-7】デブサミ2014版プロレス as a Service ~ PaaS 終了後に、嬉しいプレゼントをいただきました。ありがとうございますm(_ _)m
f:id:orinbou:20140214181628j:plain

そして、プロレス終わって外を見ると…

ああああああああああああああ!!!!

か、帰れないかも(雪で)…と思った瞬間です。

最終的にはなんとか帰れましたが、案の定小田急線に3時間ほど拘束されました。この日は、渋谷の道玄坂がゲレンデになったりと、もっと大変な目にあった方も沢山いたのようで…皆様本当にお疲れさまでした。

 

そんな訳で、是非また来年も参加したと思います。

できれば、今度は私が誰かを誘って。