読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機雷がなんだ! 全速前進!

SEというかプログラマというか、日々のエンジニア生活の中で体験したことなどを中心に書きためていくことにする。

[2014/9/6(土)]“俺の” XP祭り2014でLTしてきました

という訳でタイトルのとおり先日9/6(土)の「“俺の” XP祭り2014」でLTしてきました。

事の発端は、遡ること昨年初めての参加した「XP祭り2013」でのことでした…

スタッフの侍れっど君(@samuraiRed)に軽〜く「来年LTやってね♪」って笑顔で言われ、何も知らない俺は「ええよ~♪」って軽く答えたのでした。この時、まだ昼の野良LTくらいしか見てなくて、最後のLT祭りinXP祭りを体験する前のいたいけなおじさんは、その意味を理解していなかったのです。いざLT祭り本番になってことの重大さに気付きました。POStudyの関さん、楽天の伊藤さん、アジャサムの西村さんなどのメジャーリーガー級がバンバン出てきて、ものすごくハイレベルなLTを繰り広げている…おじさんに旋律走る…

でもまあ1年もあるし、来年参加するかも分からんし、彼もどうせ覚えてないだろうし…とかいろいろ気楽に考えてしばらく忘れていたのですが、今年のXP祭り募集が始まると、ふとそのことを思い出したのでした。こくちーずでのXP祭りの申込って「LT応募」とセットなんで、一考してからエントリしようと思って軽くその旨をSNSで呟いたらそれを拾われてしまったというねwで、今年はLTのエントリ数が多いと関係者から聞いていたので、ま、通らんやろ…って思ってたんですが見事に通ってしまうとw

そんな訳で、結局やることになった訳なのですが、当日あんなに大勢の人の前でLTするのは初めての経験でした。軽く100人以上は居たのかな?で、さらになんの間違いかオオトリLTをやらされるというねwこれはもう完全に人為的な何かを感じますが、それはそれとして、感想をひとことで言うならば、超楽しかったということです。

前夜までシコシコ作っていたLTスライドがなんと削っても90枚弱になってしまい、絶対5分で終わらんボリュームに…でも、どうしても削りきれなくて(削りたくなくて)そのまま望んた結果がLT終了時のドラ鳴りの時点で進捗76.6%(69/90)というひどい有り様に…もしこれが開発なら完全にリリース失敗なアレです。そうデスマです。前夜、超早口で何回か練習した時はギリギリ入り切るか、切らないか…くらいの感覚だったのですが、もともと緊張しぃなので、めっちゃ緊張していたのと、聞いてくれてる方々の反応を感じながら、つい余計な言葉などを挟んでしまったのが原因かなぁ…と。。。

なのに、本当に楽しかったです。もうホント心の底から。人前で話すのって昔から苦手でしたし、今も決して得意ではないと思っているのですが、ここ最近は失敗も含めてそれを楽しめるようになったというのは自分でも驚きでした。アジャイルやXPと出会ってその辺のマインドセットが変わったのかも。オオトリLTが中途半端なところで時間切れとなり聞いてくれていた人達には少し申し訳ないような気もしますが、そういう失敗も含めてのXP祭りなんじゃないかと、勝手に思ったりしている訳で、もし仕事のプレゼンだったら、もちろん確実に時間ない終わる内容にしたと思うけど。

今回は、削らなきゃイケないことは分かっているけど、削りたくないという、個人的な気持ちでオラオラ突き進んでみました。もちろん反省すべき点もあったので、もし次回リベンジするチャンスがあれば是非また挑戦してみたいなと思いましたが、今回は”楽しめた”ので個人的にはとても満足してますし、そういう意味では成功なのかなって思ってます。ありがたいことにXP祭り後の懇親会で続きを再度LTさせていただくことができました。そんな場をつくっていただけたスタッフの皆さんにはホントに感謝です。

そんな訳で、一応私のLT資料(人生初SlideShare)へのリンクをココにも載っけておきます。

最後に今回登壇してみて、改めて気付いたことをまとめておきます。

  • やってきたことの総括/棚卸しができる
  • やってきたことの長所と短所について考える機会となる
  • 上記を踏まえて次の行動を起こす際の起点となるかも
  • SlideShareでスライドを公開すると色んな人からフィードバックが貰える
  • 人前でプレゼンするとても良い実践練習となる(※いえ実戦です)
  • 超楽しい(時間どおり終わらないという失敗をしてもなお)

もし、今回のLTが「メジャーリーガーじゃなくてビギナーでも登壇してもいいんだ!」とか「登壇するほどじゃないと思ってたけど、あのくらいでいいなら俺達もっとスゴいことやってるぜ!」みたいな方々がどんどんと登壇するキッカケになったらとっても嬉しいな…と思っています。

それではまた来年(やるのかな?)^^;